ガムブログ

ガムを紹介するガムブログ。キシリトールからチューインガムまで幅広く!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

Recaldent Smart time(リカルデント スマートタイム)<マイルドチョコレート>

今回紹介するガムは、Recaldentから2009年3月9日に発売の「Smart time(スマートタイム)」(マイルドチョコレート)

RecaldentのSmart timeは昨年10月に発売されたリキッドインガムのブランド。第一弾は Recaldent Smart time(リカルデント スマートタイム)<シトラス&ベリー>だったが、ついに第二弾が登場!

商品名 Recaldent Smart time(リカルデント スマートタイム)
<マイルドチョコレート>
製造元 キャドバリージャパン
個数(orグラム数) 9粒(?グラム)
カロリー 32.4kcal
発売日 2009年3月9日
定価 128円前後
コピー 空腹感が気になるあなたをサポート!
茶色
感想 このガムの最大の特徴は、不可能といわれていた「チョコレートとガムをひとつにしたものを製品化したこと」だ。

一般的にチョコレートとガムを一緒に混ぜると、油性同士の性質のため、ガムが溶けてしまう。キャドバリー・ジャパンでは、そのメカニズムを研究し、ガムがチョコレートによって溶けださない仕組みを考え出したとのこと。ホンマかな?

この部分に焦点が当てられすぎていて、味の話があまりされないのがちょっと残念。

で、味はどうかというと、コレがまた。余りインパクトがないというか、特徴がないというか。まずマイルドチョコってナンだろう?という感じだ。製法はすごいんだけど、味が付いてきていない。頑張れキャドバリージャパン。
写真
とろーっとしたリキッドのイメージ。
リカルデントスマートタイム(マイルドチョコレート)
ビニールパッケージを取ると、スタイリッシュな外観。
リカルデントスマートタイム(マイルドチョコレート)
嬉しいヒミツがいくつか。
リカルデントスマートタイム(マイルドチョコレート)
色は茶色。マイルドなチョコレートという感じだ。
リカルデントスマートタイム(マイルドチョコレート)
ニュースリリース http://www.cadbury.jp/release/2009/090128.html

今回は珍しくGIGAZINEさんで紹介されていた(チョコレートが中に閉じ込められたガム「リカルデント スマートタイム マイルドチョコレート」試食レビュー)のでTRACKBACK。

GIGAZINEさんは庶民の味方です。
スポンサーサイト

テーマ:ガム - ジャンル:グルメ


  1. 2009/03/18(水) 08:22:05|
  2. キャドバリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

XYLISH ORANGE BERGAMOT(キシリッシュ オレンジベルガモット)

今回紹介するガムは久しぶりに「XYLISH」から「ORANGE BERGAMOT(オレンジベルガモット)」。

「大人のオレンジ」というコピーで、2009年2/17に発売開始。

商品名 XYLISH ORANGE BERGAMOT(キシリッシュ オレンジベルガモット)
製造元 明治製菓(Meiji)
個数(orグラム数) 12粒(17グラム)
カロリー 36kcal
キシリトール 6.7グラム
定価 105円(税抜き100円)
コピー オレンジをベースに紅茶のフレーバー付けに用いられるベルガモットを加えた、大人のリラックスオレンジ!
オレンジ~黄色
感想 オレンジに、ベルガモット(柑橘系のフレーバー)を加えた、かなりシトラス的な味のガム。オレンジの甘さをベルガモットの酸味がサポートしていて、そんなに甘すぎないけど、酸っぱすぎないという感じの味。

大人のオレンジってなんだろう。個人的にはキシリッシュの食感が苦手だけど、味は悪くない。
写真 キシリッシュ(オレンジベルガモット)
大人のオレンジ。ベルガモットの香り。
キシリッシュ(オレンジベルガモット)
今回のキシリッシュは「ミントリーフ+ラッカーゼ配合!」
キシリッシュ(オレンジベルガモット)
カバーをはずすと、シルバーのぴかぴかのケース。高級感があるよね。
キシリッシュ(オレンジベルガモット)
粒はオレンジでした。まぁ、そりゃそうだよね。
キシリッシュ(オレンジベルガモット)
ニュースリリース http://www.meiji.co.jp/corp/news/2009/0203_1.html

テーマ:ガム - ジャンル:グルメ


  1. 2009/03/15(日) 19:20:42|
  2. 明治(Meiji)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

スクイーズ(SQUEEZE)<スモモ>

今回紹介するガムは、グリコから新発売(2009年3月3日)の「スクイーズ(SQUEEZE)」。

CMは浅野忠信さん。
種類は3つ。レモン、スモモ、グレープで展開。
スクイーズ(シリーズ)

今回はスモモの紹介。

商品名 スクイーズ(SQUEEZE)<スモモ>
製造元 グリコ
個数(orグラム数) 13粒(18グラム)
カロリー 32kcal
キシリトール 0.9グラム
定価 オープン価格
発売日 2009年3月3日
コピー 果汁を高配合した本格的なフルーツガム
紫色
感想 果汁をぎゅーっと絞った「絞り果汁ガム」ことスクイーズがグリコから誕生。

このガムの特徴はなんと言っても果汁パーセンテージが高いこと。スモモは「21%(生換算)」。3種類の中で一番多い。

ピーチ系のガムというと、甘いのやらスッキリしたのやらが普通だが、今回は「スモモ」。プラム独特の酸っぱさと甘さをキレイに表現している。
弾力性のあるガムは噛むたびに、その果汁が口に広がる感じで、非常にココチが良い。

LOTTEのPlus Xと双璧をなすフルーツガムになるかもしれない。
写真
真紅のパッケージ
スクイーズ(スモモ)
モモじゃない。スモモだ。
スクイーズ(スモモ)
中は偽り無く13粒。そして包み紙。
スクイーズ(スモモ)
粒が表紙のガムと明らかに違う。
スクイーズ(スモモ)
結構紫に近いので、スクイーズ(グレープ)と並べてもほとんど分からないよね。
スクイーズ(スモモ&グレープ)
ニュースリリース http://www.ezaki-glico.com/release/20090226/index.html
専用サイト http://www.glico.co.jp/squeeze/index.htm

テーマ:ガム - ジャンル:グルメ


  1. 2009/03/13(金) 08:17:00|
  2. グリコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

スクイーズ(SQUEEZE)<グレープ>

今回紹介するガムは、グリコから新発売(2009年3月3日)の「スクイーズ(SQUEEZE)」。

CMは浅野忠信さん。
種類は3つ。レモン、スモモ、グレープで展開。
スクイーズ(シリーズ)

今回はグレープの紹介。

商品名 スクイーズ(SQUEEZE)<グレープ>
製造元 グリコ
個数(orグラム数) 13粒(18グラム)
カロリー 33kcal
キシリトール 0.9グラム
定価 オープン価格
発売日 2009年3月3日
コピー 果汁を高配合した本格的なフルーツガム
紫色
感想 果汁をぎゅーっと絞った「絞り果汁ガム」ことスクイーズがグリコから誕生。

このガムの特徴はなんと言っても果汁パーセンテージが高いこと。グレープは「20%(生換算)」。ちょっとしたジュース並だ。
グレープのガムというと、もう少し甘いのが多いが、このガムはグレープの酸味を美味くあらわしている。コレが生果汁の力か。

意外と噛み心地に弾力感があるのが特徴。そのぶん、噛めば噛むほど果汁が染み出してくる感覚を味わえる。
LOTTEのプラスエックスと双璧をなす、フルーツ系ガムになるかもしれない。
写真
深い紫色のパッケージ
スクイーズ(グレープ)
ぶどうのイメージ図とはいえ、躍動感ありすぎ。
スクイーズ(グレープ)
中は偽り無く13粒。そして包み紙。
スクイーズ(グレープ)
こちらも表紙のガムと同じ感じです。
スクイーズ(グレープ)
ニュースリリース http://www.ezaki-glico.com/release/20090226/index.html
専用サイト http://www.glico.co.jp/squeeze/index.htm

テーマ:ガム - ジャンル:グルメ


  1. 2009/03/11(水) 01:27:23|
  2. グリコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

スクイーズ(SQUEEZE)<レモン>

今回紹介するガムは、グリコから新発売(2009年3月3日)の「スクイーズ(SQUEEZE)」。

CMは浅野忠信さん。
種類は3つ。レモン、スモモ、グレープで展開。
スクイーズ(シリーズ)

今回はレモンの紹介。
商品名 スクイーズ(SQUEEZE)<レモン>
製造元 グリコ
個数(orグラム数) 13粒(18グラム)
カロリー 32kcal
キシリトール 0.9グラム
定価 オープン価格
発売日 2009年3月3日
コピー 果汁を高配合した本格的なフルーツガム
黄色
感想 果汁をぎゅーっと絞った「絞り果汁ガム」ことスクイーズがグリコから誕生。
パッケージはポスカ(PoS-Ca)方式を踏襲。このスタイルが今後のガムのスタンダードになるとは思えないが。。

このガムの特徴はなんと言っても果汁パーセンテージが高いこと。レモンは「19%(生換算)」。
そのぶん、フルーツに非常に高い味が楽しめるんだけど、レモンは酸っぱい!もうちょっと甘くても良いんだけど、かむたびに果汁が。。
写真
黄金に光り輝くパッケージ。
スクイーズ(レモン)
かなりレモンを強調。
スクイーズ(レモン)
中は偽り無く13粒。そして包み紙。
スクイーズ(レモン)
関係ないけど、右端の粒って意外と原寸大。
スクイーズ(レモン)
ニュースリリース http://www.ezaki-glico.com/release/20090226/index.html
専用サイト http://www.glico.co.jp/squeeze/index.htm

テーマ:ガム - ジャンル:グルメ


  1. 2009/03/09(月) 08:24:51|
  2. グリコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

ポッカコーヒーガム

今回紹介するガムは明治製菓から発売の「ポッカコーヒーガム」。
その名の通り、ポッカコーヒーとコラボレーションしたガムで、2009年1月6日から発売。

商品名 ポッカコーヒーガム
製造元 明治製菓(Meiji)
個数(orグラム数) 12粒(17グラム)
カロリー 35kcal
定価 120円
発売日 2009年1月6日
コピー コーヒーミントガム
濃い茶色
感想 随分昔にロッテからコーヒーガムが発売されていて、よく食べてた記憶がある。
今回は明治製菓とPOKKAコーヒーがコラボレーションして、人気の缶コーヒー「ポッカコーヒー」のガムが誕生。

昔のコーヒーガムに比べると、甘さが控えめで、アッサリしているのが特徴。
定価は120円だけど、さきほどサンクスに行ったら50円で売ってた。人気ないのかな。。
写真 ポッカコーヒーガム
ビニールをはがすと、紙のケース
ポッカコーヒーガム
ちょっと高級感を感じるパッケージだ。
ポッカコーヒーガム
基本的にケースのつくりはキシリッシュと同じ。
ポッカコーヒーガム
粒は予想通り濃い茶色
ポッカコーヒーガム
キシリッシュと同じで、小さく折りたたむことが可能だ。
ポッカコーヒーガム
ポッカコーヒーガム
ニュースリリース http://www.meiji.co.jp/corp/news/2008/1215.html

テーマ:ガム - ジャンル:グルメ


  1. 2009/03/01(日) 22:10:39|
  2. 明治(Meiji)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

  5. このエントリーを含むはてなブックマーク

プロフィール

gumblog

Author:gumblog
ガムが大好き!

最近の記事

ブックマークに追加

最近のコメント

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

食べログ


食べログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

microad

amazon

RSSフィード

最近のトラックバック