ガムブログ

ガムを紹介するガムブログ。キシリトールからチューインガムまで幅広く!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

  3. このエントリーを含むはてなブックマーク

バブリシャスとBubblicious、日本とアメリカの違い

前回、前々回と紹介したガムは、Bubblicous(バブリシャス)のグレープ。

前々回は日本のキャドバリー・ジャパンから発売の「バブリシャス グレープ」の紹介。
前回はアメリカのCadbury Adamsから発売の「Bubblicous Gonzo Grape」の紹介。

せっかくなので二つを並べて比べてみることに。

■外装
上が日本のバブリシャス。下がアメリカのBubblicous。
ロゴマークは非常によく似ている
バブリシャスUSA_JAPAN01

一番の違いは、なんと言っても外装。日本のバブリシャスはわりとシッカリとした紙でぴったり包装されているのに比べて、アメリカのBubbliciousは結構普通の紙で、余裕のある包装になっている。

簡単に言うと、アメリカのBubbliciousはにおいが漏れてくる感じだ。

■ガム本体。
色が全く違う。手前がBubbicousのGonzo Grapeで、奥がバブリシャスのグレープだ。
バブリシャスUSA_JAPAN02

実際に食べてみると、日本のバブリシャスはもちっとした感覚で、時折ツブツブがはじける。味の持続時間は20分ぐらいか。

アメリカのBubblicousは少し粉っぽさを感じる。が、食べ進めるうちにガムペーストが利いてきて、ギュッと固まっていく。味の持続時間は15分弱。

味の濃さは一緒ぐらいだけど、日本のバブリシャスのほうが甘い。これは意外だった。

■包み紙。
日本のバブリシャスがキャドバリージャパンの包み紙だったのに対して、アメリカのBubbliciousはBubblicious専用の包み紙。
バブリシャスUSA_JAPAN03

色んな点が違って、勉強になりました。

日本のキャドバリー製品はちゃんと日本で作って、日本人の感覚にあわせた独自の味を出してるんですね。

テーマ:ガム - ジャンル:グルメ


  1. 2008/06/22(日) 12:55:19|
  2. その他(検証)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

  5. このエントリーを含むはてなブックマーク
<<XYLISH FREESIA MINT(キシリッシュ フリージアミント) | ホーム | Bubblicious Gonzo Grape(バブリシャス ゴンゾグレープ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gamublog.blog108.fc2.com/tb.php/100-287772b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

gumblog

Author:gumblog
ガムが大好き!

最近の記事

ブックマークに追加

最近のコメント

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

食べログ


食べログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

microad

amazon

RSSフィード

最近のトラックバック